小さな庭サイドバー サロンのこと QA ブログ わたしのこと HP

エネルギーヒーリングと、スピリチュアルヒーリングの違い

Img_cc6b8825c1d35737765d2e96e3c2e463
2016セドナリトリート
Img_2817cc72b21ba4272bd9579be9c07890
ラヘリオさんによるミスティックツアー
Img_15b8ec69bc0dc4d35b183c8dfa9eac7b
 小さな庭では、リフレクソロジーというボディーワーク(身体に触れる)と、エネルギーワーク(身体に触れない)を融合させたヒーリングを提供しております。

エネルギーワークの共通点は、肉体、心、思考、感情、精神、スピリチュアル性を高め、魂の成長を促すことです。

エネルギーワークは、エネルギーヒーリングとスピリチュアルヒーリングの二種類に分けられます。当サロンでは、このどちらのワークも行っています。

クリスタルヒーリングは、クリスタルやカラーストーンを使用し、身体の外回りにあるエネルギーの層のバランスを整えるヒーリング、エネルギーヒーリングです。
オーラヒーリングやチャクラヒーリングとも言えると思います。
使用するツールが、クリスタルやカラーストーンなので、クリスタルヒーリングと呼んでいます。

レイキヒーリングは、主に手だけで身体の詰まりや弱い部分を感じ取り、軽減させてゆきます。

スピリチュアルヒーリングは、魂からの光を引き出すことによって、内側から問題を処理していきます。
魂から肉体、魂からオーラやチャクラに働きかけ、本来の自分とのギャップを埋めていく、魂との繋がりを深めることによって、感情や思考パターン、信念、肉体へと変化をもたらし、自己成長や自己変容を促していきます。

整体やカイロプラクティックなどの手技療法は、(肉体のゆがみやバランスを整えるのは)エネルギーヒーリングに近くなり、体を整えることから、思考や感情パターン、信念などに変化をもたらし、自己成長や自己変容を促します。

オーラヒーリングやチャクラヒーリング、細胞のヒーリングなどは、エネルギーヒーリングになり、エネルギーを使って、エネルギーボディーを癒していくことで、感情や思考パターン、信念などの気づきをもたらし、自己成長や自己変容を促していきます。

つまり、エネルギーヒーリングでは、表面上にあらわれている問題を、外から処理し、スピリチュアルヒーリングは、魂からの光を引き出すことによって、内側から問題を処理していきます。

すなわち、癒されるのが、外側からか、内側からかの違いです。

クリスタルヒーリングとは?

Img_e6c4971d8bdaede7731efe3b6deb8817
Img_c4c30538b5de67caf8564db1b5169e81
Img_3cf3a70320ebd42405be331e02ee75e4
パワフルで豊かな自然のエネルギーがたくさん詰まっている 地球の産物 

純粋な結晶クリスタル

あなた自身の治癒力を最大限に引き出す 地球からの贈り物

クリスタルを使ったヒーリングは何世紀も前から 行われてきました

クリスタルは それぞれが違った波動・エネルギーを持っており
私達人間の身体も それぞれ独自の周波数で存在しています

このバランスが様々な要因で崩れたときに 心身の不調が生じます

現代社会は 様々な環境の変化 複雑な人間関係 高度な技術の向上などにより
肉体的 精神的にもストレスがかかり 本来のバランスを崩しがちです

ヒーリングとは 「本来の自分のバランスを取り戻すこと」

クリスタルのエネルギーを借りて ネガティブなエネルギーを解放し
滞ったエネルギーの詰まりを取り去ることで 新鮮なエネルギーをチャージします

これにより からだの周波数が調和とバランスを取り戻し

本来の自分 = 健康なレベル に戻ることができるのです

スッキリ軽くなったり 元気がでたり 心が落ち着いたなど感じ方は 人それぞれです

過去の古いパターンに気付き 喜びに満ちた「今」の扉を開ける お手伝いをします

具体的には チャクラ(エネルギーセンター)に鉱物を直接置くことで
その場所に集まっている神経叢に働きかけます

その際 それぞれのチャクラに対応した色の石を使ったり
特定のバイブレーションを持っている石を 用途に応じて使用します

石を置くことで チャクラが活性化され オーラ(体をとりまいている電磁場)が光で満たされると
より深く より微細な意識のレベルにアクセスすることが可能になります

自己治癒力にアクセスし 自分らしく 生き生きとした人生を歩む為に
クリスタルヒーリングは とても力強い手法となります

「自分の中心とつながる」ことによって マインドはクリアーになり
本来のバランスを取り戻し 自分の本質に気づいてゆくことができます

悩みや不具合に どのように対応していったらいいかを より深く理解し
軌道修正したり 正しい方向に進み始めることがサポートされます

正しく使うことで 石も喜んで力を貸してくれます

バランスと心地良さをもたらすクリスタルのパワーを最大限に引き出し サポートします


ボディーワークとエネルギーワークで

心身ともに デトックス & リラクセーションを


母なる地球に

偉大なる宇宙に

愛と感謝をこめて

石も生きている

Img_2de27cbc1df0970977e7a5865d2ddbac
Img_cb536f58e936ab17475d94c3daf2067f
Img_eb7886f7237fb711f45cdcc46b413915
今や、宝石を身に付けるのはもちろん、パワーストーンと呼ばれるアクセサリーを身に付けてるかたを、多く見かけるようになりました。

ですが、石はあくまでも、サブ的要素。

メインは、自分自身です。

自分で何の努力もせず、石を持てば、運が良くなる、ことはありません。
むしろ、甘く考えている人にとっては、厳しいかもしれません。

自分で決断し、責任を持って行動する人に、「助け」がくるのです。
石も、人間となんら、変わりません。

もし、自分が、石だったら。

石の気持ちになって、想像してみてください。

どんな人のそばに居たいですか?

石を持ったから、安心。 ないと不安。
これは、依存になります。

石と、自分の努力、お互いの力が反応し合って引き出される。

自分より、石の力を過信し、他力本願になることは、石も、その真価を発揮できません。

あくまでも、主軸は、自分自身。

石を身に付けたら、

むしろ今まで以上に、自分を成長させる努力をしましょう。

人間は、魂を成長させる為に生まれてきたのだから。

それが、魂の本質です。

石の浄化法は、こちらを (Click!)

チャクラ・オーラ層とは?

ヒーリングやスピリチュアルリズムに興味を持たれた方でしたら、一度は「チャクラ」と言う言葉を聞いた事があるのではないでしょうか。
チャクラとは、サンスクリット語で「輪」や「車輪」を意味します。
脊髄に沿った中央の経路には、チャクラと呼ばれる7つの主要なエネルギーセンターがあります。

肉体や精神にエネルギーを与えてくれる大事なところですが、恐れや悲しみなどのショックを受けた時に、バランスを崩しがちです。
乱れたチャクラのエネルギーを、クリスタルヒーリング でバランスよく、調整・チャージをします。

また、クリスタルヒーリング中に、足裏を刺激することで、血流が良くなるのはもちろん、気流もよくなります。
体内の老廃物を押し出し、エネルギーの滞りもスムーズに流れてゆく、その相乗効果は絶大です。

ヒーリング中はとても気持ちよく、ほとんどの方が寝てしまいます。
ヒーリング後の爽快感を、ぜひ体感なさってみてください。

-------------------------------------------------------------
 主要となるチャクラは7つ存在する
-------------------------------------------------------------

第7(クラウン)チャクラ
頭上からこぶし一つ分上にあると言われています。すべての創造に関するクラウンチャクラは、脳の神経経路をコントロールし、調整する能力を持っています。
また、宇宙、高次元の存在からのエネルギーを受け取る場所でもあります。

第6(サードアイ)チャクラ
眉間の上、額にあります。霊的覚醒に関与している、第3の目と言われているチャクラです。
インスピレーション(直感)に関連していて、催眠状態や瞑想中、または夢を見ている時に活性化します。
サードアイが、チャクラシステム全体とのバランスを失うと、心が現実から離れて、妄想の世界に閉じこもる傾向がみられます。このチャクラが真に人の役に立つようにするには、統合されたバランスとしっかりと地に足をつけたグラウンディングが必要です。

第5(スロート)チャクラ
甲状腺の上、喉にあります。言葉、交流、コミュニケーションを司るチャクラです。
このチャクラは、誤った考え方や言葉によってバランスを崩したり、ブロックされる事がよくあり、そのままにしていると、いずれは病気を引き起こします。真実(本音)を語る事が大切です。

第4(ハート)チャクラ
太陽神経叢みぞおちの少し上、胸骨の中心に位置します。ここで感情が融合されます。
体内の全てのネガティブ、ポジティブな体験が感情を生成し、各人の意識に影響を与えます。

第3(ソーラープレクサス)チャクラ
みぞおちとおへその間にあります。変化を起こす動機づけ、具現化する能力、思考・決断力を司ります。
人との接触や会話が起きるたびにエネルギーを放出、または吸収します。それを通して私たちは自分自身を試したり、人との関わりを学びます。
肉体的には、胃酸過多、消化トラブル、アレルギー、免疫機能、燃え尽き症候群等。

第2(セイクラル)チャクラ
脾臓の上に位置し、体の左後ろから右前へと斜めに延びており、体のエネルギーの流れを刺激したり、遅らせたりしながら調和させる働きを持っています。感情レベルの深い反応が刻み込まれるところでもあります。
肉体レベルでは、腰痛、小腸下部の消化トラブル、膀胱や腎臓のトラブル、生理痛などとなって現れます。クリスタルヒーリングによって、バランス調整すれば、こうした毒素の蓄積を解放することができます。

第1(ルート)チャクラ
両足の間の二つの排泄器官の中央にあるルート(ベース)チャクラの主な働きは、グラウンディングとセンタリングです。
人体の、他の全チャクラシステムの安定を左右する基礎になります。エネルギーの主な供給源であり、危険に遭遇した時には、このチャクラから供給されます。
肉体レベルでは、血液の循環を改善します。


-------------------------------------------------------------
 7つのオーラ層
-------------------------------------------------------------

オーラ層は、身体をすっぽり包み込む形で肉体の外側に広がっています。
それぞれの層は完全に独立してはおらず、ある層の外側に広がるオーラ層は内側の層と重なり合って存在しているため、すべての層は互いに影響しあい、反応しあっています。

エーテル体

肉体のすぐ外側にあるオーラ層。
内臓・筋肉・細胞まで肉体を構成する全ての要素の情報源であるため、肉体のブループリントとも呼ばれます。肉体に疾患が現れる時、必ずエーテル体に先に不調和がおきています。このエーテル体のトラブルが最終的に肉体に落ちて、不調として現れます。

感情体
感情や欲望の媒体です。人間が感じている感情が表れるオーラ層で、エーテル体の外側まで広がっています。
普通オーラの色として表現されるのは、感情体の色である場合が多いようです。
この色は、人が感じている気分や心理状態によって絶えず変化しています。
また感情体には人の感情的安定を保護する働きもあります。

メンタル体
思考力・抽象概念の媒体です。学習した知識や、親や生活環境に与えられた人生観などを通して、情報を解釈し判断するのは、このメンタル体でのプロセスです。

アストラル体
星や惑星の動きと深く関わっているといわれています。
人格の特徴や、本質的部分が記憶されているオーラ層です。また、個人としての人格と、より集合的な霊的意識との境界に相当しており、特に人類全体を取り巻く霊的な意識との関係にかかわっています。

コーザル体・ソウルボディ・スピリチュアルボディ
これらの層は、個人的存在の部分を残しながら、人類の一体性や集合的無意識と結びついていると言われています。
宇宙的エネルギーと繋がり、ハイヤーセルフの概念と関わるのもこの部分です。
過去生の全ての記憶を保存しているとも言われています。
Img_91f1071db1ea2b9bcae9514396c095ac
Img_94783bd905aa99e1a00dd809628fc692
Img_48a7820c8bda9fadf0bd3d4681011668

リフレクソロジーとは?

Img_430fc1e46d7c1123f78ad35c37734b22
Img_bd81fcff3965e0cbe4644e1e1729410d
Img_a694b33ccbc5ba9aad27265665af6a70
リフレクソロジーとは?
----------------------------------------------------------------------------
 リフレクソロジー(Reflexology)を直訳すると、
Reflex=反射
logy=学問
つまり、反射学となります。

反射学とは、足裏にある全身の臓器や器官に対応する反射ゾーンや反射ポイントを指でくまなく刺激することにより、間接的に働きかけ、機能を活性化する健康法です。
また、第二の心臓と呼ばれる足裏を刺激することで血行を促進させ、新陳代謝を活発にします。
その結果、体内の老廃物を体外に排出することから、自然治癒力を高め、からだを内側から健康にすると考えられています。


リフレクソロジーの歴史
-----------------------------------------------------------------------------
 リフレクソロジーは、1500年代にヨーロッパで盛んになった、ゾーンセラピーに起源があり、それを体系化したのが、20世紀初頭に活躍した耳鼻咽喉科のアメリカ人医師・ウィリアム・フィッツジェラルド博士でした。
ウィリアム・フィッツジェラルド博士のゾーン理論をもとに、さらに研究を進め、フットチャートを生み出すまでに発展させたのがアメリカの理学療法士・ユーニス・イングハム女史です。
 現在のように普及したきっかけは、イングハム女史の教え子の一人であるドリーン・ベイリー女史が1978年に英国初のリフレクソロジースクールを開設し、英国でのリフレクソロジー普及に拍車をかけました。
 もう一人、イングハム女史から直接教えを受け、さらに理論を発展させ、足と身体の相関関係を明確にしたのが、ドイツの看護師であるハンネ・マルカート女史でした。
 この考え方をもとに研究や臨床を重ね、現在のようにリフレクソロジーが広く普及し、代替医療として確立されるまでに大きな役割を果たしました。
 リフレクソロジーの発祥は、古代エジプト、古代中国、インドでもありましたが、一番有力視されているのが、アメリカの先住民族であるネイティブアメリカン説です。
ネイティブアメリカンの多くの部族は、自然と一体となり生活を送っています。
 中でも、チェロキー族をはじめ多くの部族には、
「足は大地の上を歩き、魂を通じて宇宙へ繋がっていく」、「人間にとって足は母なる大地を踏みしめるとても神聖で重要な場所」という認識があります。
 また、今現在も日常生活の中にリフレクソロジーが当たり前のように取り入れられていることも彼らに起源があるとされる由縁なのです。


西洋式と東洋式の違い
-----------------------------------------------------------------------------
 リフレクソロジーは、大きく、西洋式と東洋式に分かれますが、理論のもとになっているのは両方ともアメリカで確立されたものです。ですので、リフレクソロジーの本場は、アメリカと言えます。
アメリカで理論統合されたその技術のことを、「西洋式」と呼んでいます。
西洋式の大きな特徴は、ソフトな刺激です。
一方、アメリカで理論統合されたのち、東洋医学や独自の理論、テクニックを加えたものが「東洋式」と呼んでおり、東洋式の大きな特徴は、痛みの強い刺激です。
それから、反射区に大きな違いがあり、西洋式は、右半身はすべて右足へ、左半身はすべて左足へつながると考え、東洋式は、首から上のみ、反射区が逆になると考えます。
 それは何故かといいますと、
西洋式では、全身を垂直に流れる10本のエネルギーラインの考え方を100%ベースにして反射区の位置が決定されており、エネルギーラインは、途中で交差されることなく足裏と身体をつないでいます。
 しかし、東洋式では、これに加えて、大脳生理学の考え方も考慮に入れており、人間の神経は首の延髄で交差しているため、この神経交差を考慮して反射区を決定しているために首から上の反射区が左右逆になると考えているのです。


リフレクソロジーは、ボディワークでありながら 実はエネルギーワーク
----------------------------------------------------------------------------
 リフレクソロジーは、ただ単に、足揉み健康法ではありません。
わたしたち人間は、目に見える肉体だけで存在しているのではなく、その周りにはオーラやエネルギーが満ち溢れ、中心には魂があります。
 本来、エネルギー体であるわたしたち人間の身体を流れる、10本のエネルギーラインに刺激を与えることで、エネルギー循環を活性化し、心身を健康な状態へと導いていくエネルギーワークなのです。
 そのため、エネルギーに敏感な方の多くは、リフレクソロジーによって、エネルギーがスムーズに流れ始めると、手や足の指先に滞っていたエネルギーが抜けていく時に起こる”しびれ”を感じる事があります。
 このしびれは、決して異常な反応ではなく、むしろ、効果的にリフレクソロジーが行われたという、ひとつの証でもある訳です。
 つまり、足裏を刺激することで、肉体はもちろん、エネルギーやオーラ、そして心、魂にまで、その刺激は確実に響いているのです。
 施術する側の人間も、大自然、宇宙のエネルギーと一体になり、自分の体を経由して、受け手のかたへ伝えるという作業を致しますが、施術で使用するパウダーやエッセンシャルオイル、フットバスの水も全て自然からの恵みであり、わたしたちはその中で生かされています。
 大自然の力があってからこそ、施術もさせていただけるという、感謝の心を、私自身、決して忘れず、皆さまの健康維持のお手伝いをさせて頂けましたら幸いに思います。
 大自然や宇宙のエネルギーが、私自身を経由してお客様に伝えられ、プラスのエネルギーが循環していくことでしょう。
 同時に、肉体の老廃物も体外に排出し、精神面のマイナスエネルギーも浄化していくお手伝いをさせていただきますので、もちろん私自身もスッキリ、サロン内もスッキリ浄化して、お待ちしております。


リフレクソロジーの施術効果
---------------------------------------------------------------------------
①血行促進
②新陳代謝を活発にして老廃物の排出を促します
③自然治癒力を高めます
④肩こり腰痛などの不調の改善
⑤ストレス解消
⑥心のケア
⑦代替医療として役立ちます
⑧ターミナルケア(末期看護)として役立ちます


付録/反射区・臓器のはたらき
----------------------------------------------------------------------------
<◆肝臓>
「沈黙の臓器」と言われているだけあって、酷使されても悲鳴をあげてくれない臓器です。
気が付いた時には、かなり深刻な状態になっていたなんてことがよくあります。
肝腎(心)要 [かんじんかなめ] なんてよく言いますが、まさに、肝臓・腎臓は、体の臓器の中で、とても重要な臓器とされています。

肝臓は、いろいろな働きを担っていますが、大きく分けて3つ。
①、消化液の生成。
②、有毒物質の解毒。
③、栄養素の作り変え、貯蔵。

肝臓は、体内の老廃物や毒素を流すためにとても重要な臓器。
タバコや飲酒量の多い方、お菓子や清涼飲料など添加物を多く含むものを接種する機会の多い方は、食生活を見直すことももちろん大切ですが、足裏にある肝臓の反射区を刺激することで、臓器機能の活性化し、それによって、二日酔いだけでなく、頭痛などにも効果が期待できます。
そして、忘れてならないのが、必ず水分をとること。
これをしないと、折角、老廃物を血中に押し流したのに、水分がないとスッキリ流れません。
痛気持ちいいくらいでしたら正常ですが、これが痛みを感じるようですと、酷使している、疲れている、イコール、臓器の機能の低下が考えられます。

<◆腎臓・・・人体の背中側に位置しています。>
肝腎(心)要 [かんじんかなめ] の腎、肝臓のお次は、腎臓です。

腎臓の働きは、
①、尿の分泌
②、血圧の調整

口から入った食べ物・飲み物は、消化器系の臓器で分解・解毒されますが、
その際、発生した老廃物が血液中に送り込まれ、腎臓でろ過され尿が作られます。
また、腎臓からは、血圧を上げる物質と、下げる物質が分泌されるため、両者の働きによって血圧が常に正常に保たれます。
むくみや肌荒れなどの、老廃物を溜めこむことによって起こる不調に効果が期待できます。
また、アトピー性皮膚炎なども、肝臓などの排泄器官と併せて刺激すると相乗効果が期待できます。
この反射区は、尿が作られる臓器なだけあって、ここを刺激するとトイレが近くなることがありますが、スムーズに老廃物を流している証です^^

<◆副腎・・・肝臓のちょっと下あたりに位置しています。>
表面に近い「副腎皮質」と中央部分の「副腎髄質」に分かれており、
それぞれ、別々のホルモンを分泌しています。

「副腎皮質」・・・主に、ストレスに対処したり、炎症やアレルギーを抑えるためのステロイドを分泌している。
「副腎髄質」・・・アドレナリンやノルアドレナリンを分泌している。

アレルギー体質のかたや関節炎などの炎症を起こしやすい方は、ここ (より、若干土ふまず側です)の反射区を刺激すると、その予防と改善に効果が期待できます。